本文へ移動

グループホーム

グループホーム(共同生活援助事業所)とは?

地域での少人数での共同生活を支援するサービス

生活介護や就労または就労継続支援等を利用しながら、地域で共同生活を営む住居に入居している障害のある方に対して主に夜間において、入浴、 排せつ、食事の介護、調理、洗濯、掃除等の家事、生活等に関する相談・助言、就労先や関係機関との連絡のほか、必要な日常生活上のお世話を行います。 

施設紹介

平成29年4月 新しくオープンしました!!

グループホーム「松ハウス」
 
 
 ●当法人で一番新しいグループホームです。女性6名定員で、毎日楽しく生活をしています。 
~習志野市東習志野に平成29年4月に開設~
京成実籾駅に近い住宅地の中にあり、近くには名称の由来となった大きな松の並木や小学校、こども園があります。2階の4部屋はそれぞれ9畳の広さがあります。
グループホーム「のぎく」
 
 
 ●男性9名定員で、毎日楽しく生活をしています。 
当グループホームは、松戸市六実に平成28年4月に開設いたしました。駅に近く、大変利便性の高い場所にあります。近隣の方々に見守られながら、ご自宅で過ごすのと同じような雰囲気での生活をお送りいただけます。
グループホーム「若美家」
 
 
 ●当法人で最初の女性専用グループホームです。女性9名定員で、毎日楽しく生活をしています。 
当グループホームは、市川市若宮に平成24年8月に開設いたしました。閑静な住宅街に位置し、近隣の方々に暖かく見守られながら、ご自宅で過ごすのと同じような雰囲気での生活をお送りいただけます。
グループホーム「ねこざね」
 
 
 ●一戸づつ独立したタイプのプライバシーに配慮したグループホームです。男性5名定員で、毎日楽しく生活をしています。 
当グループホームは、浦安市猫実に平成27年9月に開設いたしました。浦安市役所に近く、また、コンビニやスーパー等買い物もしやすい住宅街にあります。一戸ごとに独立した団地タイプのグループホームであることから、お一人お一人のプライバシーを重視した生活をお送りいただけます。